競馬の中で記憶に残る競走馬のライスシャワー

今までの競馬の中で記憶に残る競走馬といえば、ライスシャワーです。
ライスシャワーの父はリアルシャダイ、母はライラックポイントです。
ライスシャワーの主な勝ち鞍は、天皇賞(春・2回)、菊花賞です。
440kg台の小柄ながらライスシャワーは、3000m以上の距離を得意とした生粋のステイヤーとして知られています。
ライスシャワーは、当時の競馬界の淀の刺客・関東の刺客・高速ステイヤーと言われるほどでが、一方では、関東馬のエースとも呼ばれていました。
ミホノブルボンの3冠達成やメジロマックイーンの天皇賞の3冠制覇という目標が叶わなかったのは、刺客と呼ばれたワイスシャワー存在があったからでしょう。
2度目の天皇賞優勝後から復活した古豪ステイヤーとして人気を集め始めたライスシャワーは、競争中の故障から死を迎えました。
その後、死を惜しむ声とはまさり、競馬ファンの記憶に残る競走馬として人気が更に高まっていきました。
posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 23:53 | 競馬競走馬

競馬の中で記憶に残る競走馬のサイレンススズカ

今までの競馬の中で記憶に残る競走馬といえば、サイレンススズカです。
サイレンススズカの母はワキア、父はサンデーサイレンスです。
父サンデーサイレンスは、アメリカの競馬で活躍していて、ケンタッキーダービーなどに勝ち二冠を達成し、数々の輝かしい成績を持ち、引退後に日本へ種牡馬として輸入され日本では例を見ないほどの成功を収めた競走馬です。
サイレンススズカの主な勝ち鞍は宝塚記念です。
競馬では、数多くの記憶に残る競走馬が誕生していますが、サイレンススズカは1990年代の類希なるスピードで走る最速の逃げ馬でしょう。
超ハイペースで疾走し、サイレンススズカについていける競走馬はいなっかたようです。
牧場時代では小柄でおとなしいものの、走るのが大好きなのか放牧地では速く走り回っていたようです。
サイレンススズカの全盛期5歳のときに、天皇賞(秋)でレース中に骨折をしてしまい安楽死の処分をくだされ、競馬界から惜しまれながら早すぎる死をむかえました。
サイレンススズカはサンデーサイレンスの最良の仔で、最高の種牡馬になりえただろうといわれるほど、競馬ファンの記憶に残っている競走馬です。
posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 21:50 | 競馬競走馬

競走馬を擬人化して競馬を楽しむ

競走馬を擬人化するというのは、競走馬を人間になぞらえることです。
例えば競馬漫画では優駿たちの蹄跡だったり、誕生から始まり、現役競走馬生活、、
競馬引退後の余生の間での、人間と競走馬が共にたどってきたの死闘・功績を描いたものがありますが、
単なる馬としてではなく擬人化した感情がこめられています。
競走馬を擬人化して競馬を楽しむこともできます。
名馬のレースの強い勝ち方では、例えば、ダービーを制したサニーブライアンや3冠達成したディープインパクトなど、
相撲でいう横綱といってもいいでしょう。
ナリタトップロードが若くしてなくなった時なぜ多くの人が悲しんだのかといったら、擬人化の効用ともいえます。
ディープインパクトの凱旋門の時も、あれだけ多くの日本人が凱旋門に集まったのも、擬人化され感情が入っているのでしょう。
競走馬を擬人化するというのは、競馬を楽しくみる方法なのかもしれません。
posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 21:14 | 競馬競走馬

競馬に出走する競走馬の名前

競走馬の名前は、馬が2歳頃に生産者から馬主に購入された後に、競馬に出走する競走馬として登録してから付けられます。
競走馬としての名前がつく前には、誕生した時に生産牧場でつけられる名前(愛称)と別に、生産者名簿やセリ市場で使われる血統名もあるようです。
たいていは馬主が名前を付けますが、知人に頼んだり、一般公募で付けることもあるようです。
競走馬に付けられる名前は、競馬用の芸名といった感じですが、
海外から入ってきた競走馬にはとても長い名前もありますが、国内の競走馬は9文字以内という制限があり、他の競走馬と同じ名前は付けられないことになっています。
そして競馬をする際に、似たような名前が付けられると競走馬を間違えて選んでしまう怖れがあるので、重複しないようにある程度長く名前が付けられているようです。
名前の構成はさまざまですが、出身牧場と馬主の名前を混ぜたり、出身牧場と種馬の名前なども多いようです。
posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 21:55 | 競馬競走馬

競馬ファンには嬉しい競走馬の壁紙

競走馬の壁紙とは、競走馬や競馬場などを題材にした壁紙です。
壁紙の種類は写真やイラストなどがあります。
壁紙に使われている競走馬は現役競走馬や引退した名馬をはじめとし、数え切れないほどあります。
競走馬の壁紙は、競馬ファンには嬉しい壁紙ではないでしょうか。
競走馬の壁紙はいろいろなサイトから取得できますが、中には壁紙専門のサイトもあり、そして自分の持っている競走馬の写真から壁紙を作ってくれるところもあるようです。
サイトによっては、無料・有料とありますので確認してから壁紙を取得してください。
壁紙に使われる写真は臨場感あふれる物も多く、各重賞レースでのレース風景、競走馬の競馬以外での自然な表情などさまざまなものがあるので、自分の好きな競走馬の壁紙が見つかるかもしれません。
お気に入りの競走馬の壁紙を待ち受け画像にしてみてはいかがですか?
posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 22:31 | 競馬競走馬

競馬ブームを起こしたハイセイコー

ハイセイコーは、1970年に北海道日高支庁新冠町の名門武田牧場で生まれました。
ハイセイコーは見るからに丈夫そうな体つきで、赤飯をたいて祝ったほど牧場関係者は喜んだそうです。
それから、ハイセイコーは日高の競走馬生産者から高い評価を得たそうです。
父はチャイナロックで、ハイセイコーが誕生した時にはすでに競馬で活躍している有力馬を3頭輩出している人気種牡馬でした。
そして、母ハイユウは地方競馬で16勝を挙げ、3回レコードタイムも記録しています。
そのため、ハイセイコーは生まれながらに注目の馬として関係者で知らないものはいなませんでした。。
大井競馬場でデビューから6戦6勝し、1973年に中央競馬に移籍しました。
この頃から、スポーツ界の新たなヒーローとしてハイセイコーが注目され始めました。
ハイセイコーはNHK杯でデビュー以来無敗の10連勝を達成し、ハイセイコーブームと言われるほどの競馬ブームを起こしました。

posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 23:29 | 競馬競走馬

日本中央競馬会の競走馬総合研究所とは?

競走馬総合研究所は、競走馬の資源確保と競馬発展の施行を図るために、1959年に日本中央競馬会の機関として設立されました。

現在は宇都宮(本所)、常盤支所、栃木支所、生産育成研究室(日高)の4施設で構成されています。

競走馬総合研究所では、競走馬のライフサイクル(生産・育成・競走・繁殖)から臨床医学や馬場施設、リハビリテーションなど、競馬にかかわる多様な分野の研究を進めています。

1977年から強い馬づくりと競走馬の事故防止にも力を入れています。

競走馬だけでなく馬の生産・育成に係わる問題も研究し、その成果を競走馬総合研究所からトレーニングセンターや競馬場、生産地に提供しています。

posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 22:26 | 競馬競走馬

海外の競馬の競走馬をどうやって輸送するのか?

競馬の競走馬海外に航空輸送する際、馬がストールという箱に入り運ばれます。

競馬の競走馬の海外輸送の際に注意しなければならないことは、馬が怪我・病気をしないよう細心の注意を払うことです。

海外から日本のレースに出走するためにきた競走馬は、馬運車に収容されます。

その後、税関保税手続きを終え、国際競走馬のために保税地域に指定された検疫施設まで輸送されます。

海外輸入動物検疫を所定の期間受けた競走馬達は、目的地の競馬場へ向かい、目的のレースに出走するために、長い輸送の旅を終えます。

posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 17:20 | 競馬競走馬

テンポイントの輝ける競馬デビュー

テンポイントは、1973年4月19日に北海道早来の吉田牧場で生まれた 競馬の競走馬です。
1975年8月17日に函館で初の競馬デビューを迎えました。
そこでは初のレースにもかかわらず、テンポイントは後続を10馬身も置き去りました。
芝1000m58秒8の当時のレコードをマークし、競走馬としての輝けるデビューを果たしました。
2戦目はその3ヵ月後の競馬(もみじ賞・京都)でも、9馬身差というテンポイントの独走をみせる名馬でした。
続き阪神3歳ステークス(現・阪神ジュべナイルフィリーズ)でも、単勝1.6倍の人気を見せ7馬身差の圧勝し、当時テンポイントは、伝説の馬といわれ、今でも競馬ファンの心に残っているはずです。
posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 09:15 | 競馬競走馬

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。