地方競馬の調教師の仕事とは

地方競馬調教師の主な仕事は幅広く、馬主から委託された競走馬の調教をすることはもちろん、競馬に出走するレースの選定や厩務員や調教助手や騎手などの厩舎に関する人事管理、馬を購入する馬主に対してアドバイスをするなどといったことです。
地方競馬の調教師は、地方競馬全国協会(NRA)から免許を交付されなければなりません。
地方競馬の調教師の試験は1次と2次試験があり、身体検査と学力検査、人物・技術試験などで審査されます。
地方競馬教養センターの調教師養成講座を受けてから、調教師試験を受けるケースもあるようです。
また、独学で勉強して試験を受験する人も多いようです。
地方競馬教養センターの調教師課程は、各地方競馬団体から推薦受けた騎手、厩務員、調教助手だけが参加でき、毎年4月と12月に募集されます。
posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 12:55 | 競馬 調教師
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。