競馬の中で記憶に残る競走馬のマヤノトップガン

今までの記憶に残る競走馬といえば、マヤノトップガンです。
マヤノトップガンの父はブライアンズタイム、母はアルプミープリーズです。
マヤノトップガンの主な勝ち鞍は、有馬記念、天皇賞(春)、宝塚記念、菊花賞です。
マヤノトップガンの力が発揮されたのは4歳と遅いものの、とにかく逃げ馬としても差し馬としても良い競馬ができる器用を持ち、
さまざまな戦法(好位抜出・逃げ切りなど)で競馬に勝ち、自在脚質をアピールしました。
そして、天才といわれる田原騎手を鞍上に菊花賞と有馬記念を制したことから、年度代表馬、最優秀4歳牡馬に選ばれました。
有馬記念では、記憶に残る3冠馬のナリタブライアンよりも下の6番人気にもかかわらず、見事逃げ切って優勝するという快挙でした。
1997年に左前脚に浅屈腱炎を発症したことから競馬の引退が決まり、記憶に残る名馬マヤノトップガンは種牡馬入りすることになりました。
posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 21:28 | 競馬必勝法ファイル一覧
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。