競馬の中で記憶に残る競走馬のサイレンススズカ

今までの競馬の中で記憶に残る競走馬といえば、サイレンススズカです。
サイレンススズカの母はワキア、父はサンデーサイレンスです。
父サンデーサイレンスは、アメリカの競馬で活躍していて、ケンタッキーダービーなどに勝ち二冠を達成し、数々の輝かしい成績を持ち、引退後に日本へ種牡馬として輸入され日本では例を見ないほどの成功を収めた競走馬です。
サイレンススズカの主な勝ち鞍は宝塚記念です。
競馬では、数多くの記憶に残る競走馬が誕生していますが、サイレンススズカは1990年代の類希なるスピードで走る最速の逃げ馬でしょう。
超ハイペースで疾走し、サイレンススズカについていける競走馬はいなっかたようです。
牧場時代では小柄でおとなしいものの、走るのが大好きなのか放牧地では速く走り回っていたようです。
サイレンススズカの全盛期5歳のときに、天皇賞(秋)でレース中に骨折をしてしまい安楽死の処分をくだされ、競馬界から惜しまれながら早すぎる死をむかえました。
サイレンススズカはサンデーサイレンスの最良の仔で、最高の種牡馬になりえただろうといわれるほど、競馬ファンの記憶に残っている競走馬です。
posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 21:50 | 競馬競走馬
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。