競走馬を擬人化して競馬を楽しむ

競走馬を擬人化するというのは、競走馬を人間になぞらえることです。
例えば競馬漫画では優駿たちの蹄跡だったり、誕生から始まり、現役競走馬生活、、
競馬引退後の余生の間での、人間と競走馬が共にたどってきたの死闘・功績を描いたものがありますが、
単なる馬としてではなく擬人化した感情がこめられています。
競走馬を擬人化して競馬を楽しむこともできます。
名馬のレースの強い勝ち方では、例えば、ダービーを制したサニーブライアンや3冠達成したディープインパクトなど、
相撲でいう横綱といってもいいでしょう。
ナリタトップロードが若くしてなくなった時なぜ多くの人が悲しんだのかといったら、擬人化の効用ともいえます。
ディープインパクトの凱旋門の時も、あれだけ多くの日本人が凱旋門に集まったのも、擬人化され感情が入っているのでしょう。
競走馬を擬人化するというのは、競馬を楽しくみる方法なのかもしれません。
posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 21:14 | 競馬競走馬
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。