競馬に出走する競走馬の名前

競走馬の名前は、馬が2歳頃に生産者から馬主に購入された後に、競馬に出走する競走馬として登録してから付けられます。
競走馬としての名前がつく前には、誕生した時に生産牧場でつけられる名前(愛称)と別に、生産者名簿やセリ市場で使われる血統名もあるようです。
たいていは馬主が名前を付けますが、知人に頼んだり、一般公募で付けることもあるようです。
競走馬に付けられる名前は、競馬用の芸名といった感じですが、
海外から入ってきた競走馬にはとても長い名前もありますが、国内の競走馬は9文字以内という制限があり、他の競走馬と同じ名前は付けられないことになっています。
そして競馬をする際に、似たような名前が付けられると競走馬を間違えて選んでしまう怖れがあるので、重複しないようにある程度長く名前が付けられているようです。
名前の構成はさまざまですが、出身牧場と馬主の名前を混ぜたり、出身牧場と種馬の名前なども多いようです。
posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 21:55 | 競馬競走馬
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。