日本中央競馬会の競走馬総合研究所とは?

競走馬総合研究所は、競走馬の資源確保と競馬発展の施行を図るために、1959年に日本中央競馬会の機関として設立されました。

現在は宇都宮(本所)、常盤支所、栃木支所、生産育成研究室(日高)の4施設で構成されています。

競走馬総合研究所では、競走馬のライフサイクル(生産・育成・競走・繁殖)から臨床医学や馬場施設、リハビリテーションなど、競馬にかかわる多様な分野の研究を進めています。

1977年から強い馬づくりと競走馬の事故防止にも力を入れています。

競走馬だけでなく馬の生産・育成に係わる問題も研究し、その成果を競走馬総合研究所からトレーニングセンターや競馬場、生産地に提供しています。

posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 22:26 | 競馬競走馬
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。