テンポイントの輝ける競馬デビュー

テンポイントは、1973年4月19日に北海道早来の吉田牧場で生まれた 競馬の競走馬です。
1975年8月17日に函館で初の競馬デビューを迎えました。
そこでは初のレースにもかかわらず、テンポイントは後続を10馬身も置き去りました。
芝1000m58秒8の当時のレコードをマークし、競走馬としての輝けるデビューを果たしました。
2戦目はその3ヵ月後の競馬(もみじ賞・京都)でも、9馬身差というテンポイントの独走をみせる名馬でした。
続き阪神3歳ステークス(現・阪神ジュべナイルフィリーズ)でも、単勝1.6倍の人気を見せ7馬身差の圧勝し、当時テンポイントは、伝説の馬といわれ、今でも競馬ファンの心に残っているはずです。
posted by 競馬必勝法ナビゲーター at 09:15 | 競馬競走馬
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。